『XAMPP』PHPを学習できる環境を用意する

XAMPP(Apache + MariaDB + PHP + Perl)とは、PHPを動作させるソフトウェアのセットです。完全無料で利用可能。

  • Apache → ウェブサーバー
  • MariaDB → データベース
  • PHP+Perl → プログラミング言語

それでは早速PHPの動作環境をセットアップしていきます。

XAMPPで検索。
公式サイト

公式サイトにWindows向け・Mac向けそれぞれのリンクがあるので使っているOSを選んでダウンロードします。

XAMPPを公式ページでダウンロード

ダウンロードしたファイルを開きインストールを進めます。

【Next】をクリックして最初にポップアップで現れる注意書きは、インストールする場所に関する内容です。間違ったフォルダを選ぶとXAMPPが動作しないため気をつけましょう。インストール先のフォルダはこのあとの手順にあります。

次に現れる「Select Components」は、セットでインストールする機能が選べます。ここではPHPの学習を進めていく最低限の機能だけに絞ります。

  1. Apache
  2. MySQL
  3. PHP
  4. phpMyAdmin

次は「Installation folder」です。デフォルトではCドライブにxamppというフォルダを作る設定になっています。このまま【Next】で大丈夫です。

さきほど表示された注意事項では、Program Filesにインストールすると動作しませんという内容でした。なので他のフォルダを選んでも動作すると思われますがデフォルトに従っておきましょう。

この後はnextを押しすすめていくとインストールが開始されます。

インストール後、【finish】をクリックして言語選択で英語かドイツ語を決めるとXAMPPが起動します。現れたのがXAMPPのコントロールパネルです。

コントロールパネルで出来る事はソフトの起動になります。試しにPHPの学習に使うApacheとMySQLの行にある【Start】をクリックしてみます。Apache・MySQLに緑のマーカーが付いたら正常に動いているということになります。

赤や黄色マーカーだと異常で動いていないエラー表示です。

エラーが起きるパターンとして多いのはポート設定なので、もしも起動出来なかったら設定変更を行います。