『MAMP』サーバー借りずにWordPressを勉強できる

WordPressを勉強するためにレンタルサーバー借りるのは嫌だし、ドメインとって設置したあと即挫折する可能性もあるし。。

それでもブログを始めるならWordPressを使うべきなので、手元のPCだけでWordPressを使ってみたいという人向けに、『MAMP』のインストール方法を解説します。

MAMPとはローカルサーバーを作るためのソフトウェアで、プログラミング言語のphpやWordPressを勉強するための環境を構築できます。

これを入れればサーバー借りなくてもWordPressの操作を試せるようになります。

MAMPをダウンロード

まずはMAMPをダウンロードをしましょう。

無料版を利用するので[Free Download]へ進みます。

ダウンロードできる選択肢には、mac用・windows用・iOSのviewer・Androidのviewerと4つあります。

ご自身の環境に合ったものを選んでください。ここではwindows用で進めていきます。

2019.3.31現在のバージョンは「MAMP & MAMP PRO 4.1」となっています。

ダウンロードが済んだらインストールしましょう。

MAMP_MAMP_PRO_4.1.exeを起動すると、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」とでるので[はい]をクリック。

次に表示されるウィンドウではMAMP PROとApple Bonjourも一緒にインストールするかどうかを選択できます。

MAMP PROは有料バージョンの事で、Apple Bonjourは外部機器との連携に使うプログラム。

両方とも必要ないのでチェックを外して[Next]をクリック。

次は利用規約です。

「MAMPを利用して何かのトラブルが起きても一切責任は負いません」という内容です。

合意するほうの「I accept ~」にチェックを入れて[Next]をクリック。

そしてインストール先のフォルダを決めます。

デフォルトではCドライブにMAMPというフォルダが作られます。

そのままで良ければ[Next]をクリック。

最後の確認としてデスクトップにショートカットのアイコンを置くか聞かれます。

必要ならチェックを入れて、[next] ⇒ [インストール] と進めましょう。

インストールにかかる時間は3分ほどでしょうか。

完了のウィンドウが表示されるので[Finish]をクリック。

MAMPのインストールはこれで終わりです。

ではさっそく動作確認も含め、MAMPを起動してみます。

デスクトップのアイコンをダブルタップ。

無事に起動していることを確認できました。

インストールの流れでアイコンをデスクトップに置かないとした場合、Cドライブのフォルダ「MAMP」の中に、MAMP.exeというアプリケーションがあるのでこれを起動します。